2004/12/28
ページ5
バンテアイ・スレイ

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

バンテアイ・スレイ
12/28日、朝からバスに乗って、1時間半くらいかかる郊外のバンテアイ・スレイに向かう。
バンテアイ・スレイはラージェンドラ・ヴァルマン2世
「女の砦」という意味をもつことで知られている小寺院バンティア・スレイは、アンコール・ワットから東北へ約30・のところに位置します。「東洋のモナリザ」と称される女神デグァターが祠堂の四隅にあ
り、その彫刻の美しさは、数あるアンコールの遺跡群の中で最も美しいと思われます。
朝から郊外のバンテアスレイに向かう 1時間半の道中は自然の中
車窓に地元の人たちの生活が写る トラックの後ろは何人でも乗る
住まいは高床式 バスから地元の人たちの生活が見える
郊外の小学校 小学校の校庭
観光客用のトイレ いよいよバンテアスレイに入る
大きな堀の中にある バンテアイ・スレイ
967年の建立の寺院『女の砦』の意味を持つ 入り口を見守る観音
彫りの深いレリーフは今も生きているようだ 唐草模様も見られる
細密彫刻が美しい 今彫られたかのような生々しさ
石組みをした後、丁寧に彫られている 異様な表情をした彫刻
太陽の光のあたり具合により美しさが際立つ なんとも美しく動きのあるレリーフ
赤色砂岩で作られたヒンドゥー教寺院 姫を抱く王
門の上に残る美しい彫刻 へびは守り神
角々にはへびとミニチアの祠堂が・・ かざりドア、にせのドアである
小さい寺院ながら彫刻が美しく残る 祠堂を守って数百年
塔の部分がすすけて見える 東洋のモナリザがほほえむ
王の姿だろうか 記念写真を撮っていただいた
左右の東洋のモナリザ 左右の東洋のモナリザ
バンテア・スレイの出口 周囲の堀には今も睡蓮が美しく咲く
睡蓮 バンテアイ・スレイ全体
白鳥に乗るのは 参道
リンガ、男性器をモチーフにしたのか シェムリアップまでの道中、砂糖菓子を
作る民家に立ち寄る
民家の生活も見える さとうやしを煮詰めて作る
1米ドルで3本、高いのか安いのか?? 昼食の食堂のブーゲンビリア

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11