2004/12/27午後
ページ 4
シェムリアップ、アンコールワット、プノンパケン

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

シェムリアップ市内
シェムリアップはカンボジアのアンコール王都の門前町。
人口15万人の小さな町。市内は大型発電機で電気が通っているが市街地から一歩でると、電気も水道もなく、バッテリーや小型発電機で電気を使ってている。
市内の市場には、野菜や果物が多く並び、人々は家族でバイクに乗って買い物している。
シェムリアップ市内 高い建物はほとんどない
シェムリアップ市内 ちいさなすいがたくさん並んでいる
シェムリアップ市内 昼食の食堂入り口、中は外国人ばかり
市内をバスで案内してもらう 建物の建築は木の骨組みを使う
シェムリアップ市内 シェムリアップ市内
アンコールワット
1113年、スールヤヴァルマン2世により、およそ3万人の職人が30年かかって完成させた寺院。
アンコール建築、芸術の集大成であるとともに、当時にはたぐいまれな大規模な石造建築である。
19世紀にフランス人たちによって、発掘されるまで数百年の間樹海に埋もれていた。大きな環壕に囲まれ、入り口が西を向いている。当時のクメールの風習では西は死者は西向きとされていることから、王の墓として作られたと考えられている。
第一回廊の浮き彫り細工は、ヒンズーの抒情詩や神話、戦争の歴史などが豊かな表現で繰り広げられている。
中央祠堂への階段は、一段の幅が15cm程度しかなく、登山といった感じ。祠堂は65mあり、広大な周囲の樹海や町を見ることができる。
アンコールワットの外周には大きな堀がめぐる さあ、これからアンコールワットの見学だ!
入り口を守るのはししとへび 門塔から中央祠堂を見る
アンコール建築・芸術の集大成 樹海に埋もれもポルポトに占領されながらも
威厳を失わないアンコールワット
何なのだ、その右手は?? そのまま絵葉書だ!
へびたちが守る寺院 デバーター(女神)像
第一回廊のレリーフ群 一日見ていてもあきない物語が語られている
争いの歴史が語られている 勝った戦いと負けた戦いがある
これぞクメールの美
あちこちにデバーターたちが並ぶ
まさか、これを登るのか?? 階段の幅は15cmくらい、どう登ろうか
中央祠堂にやっと登った 四隅と中央には、さらに塔がそびえる
降りるのに列ができる 行きはよいよい、帰りはこわい!
周囲は樹海が広がる 中央祠堂にたたずむ老僧侶
シェムリアップ方向 中央祠堂より
中央祠堂より 中央祠堂の本尊か、へびたちに囲まれてる
手すりのある階段に超だの列 降りて見上げる中央祠堂
プノンパケン
アンコールワットから少し離れた丘の上にあるプノンパケンは、夕陽のスポットとして有名。
象に乗って登ることもできるが、急な山道を15分程度登ると、丘の上の祠堂にたどりつく。
遠くアンコールワットも見える。
アンコールワットよさようなら 夕陽の名所プノンパケンに登る
なんと、気球から見るサービスもあるとか プノンパケン山頂
75メートルから見る夕焼け 遠くにアンコールワットがかすんでいる
夜のシェムリアップはパイクの灯火が・・ 満月の中、民族舞踏を見る
カンボジア独特の踊り 子どもたちも踊る

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11