画像Upload掲示板
(携帯アクセス) --

*PC、スマホの方はこちら

HOME |投稿 |検索 |管理|
*注意事項

   1-10/173件中
次10>
(189)05/04_22:29
白い小さなきのこ (まり) 返信

お久しぶりです。
こちら、倒木に生えていた白いきのこです。
家の庭に生えていました。
1cmとかそれ以下で小さいです。
スエヒロタケかな?と思いましたがやっぱり色と形が違うかなと…。
名前を教えてください。

[JPEG画像]: -(4091 KB)

(191)05/07_20:12
スエヒロタケに似ていますね (かっぱ)

写真は木材をひっくり返してひだのほうから見たところでしょうか。若い、条件的に背着性になったものかなあと感じています。マリさんも断定できないと思いますが、私も同様です。
ただし、スエヒロタケか、それに近いきのこだろうとは思います。木材をひっくり返したのでなければ、全く違う知らないきのこかもしれません。


(192)05/08_11:45
無題 (まり)

お返事ありがとうございます。
ひっくり返したというか、木の表面からこんな風に発生していました。
確かに、まるできのこが裏返しで生えてきてるみたいで不思議ですよね。
やっぱりスエヒロタケに近いものがありますよね。


(188)05/04_11:42
無題 (kazu) 返信

キノコの写真を整理しているのですが、名前がわかりません。
名前を教えてください。
昨年の8月に、広島県の山で写したものです。

[JPEG画像]: -(99 KB)

(190)05/07_18:22
ヒツジタケの近縁か (かっぱ)

たぶん、しっとりとして水っぽい感じのきのこではないでしょうか。山で見かけたことのあるサルノコシカケ科のきのこだと思うのですが、そのものずばりの名前がわかりません。
ヒツジタケに近い仲間ではないかと感じます。その近縁種を調べてみてください。


(193)05/19_15:07
無題 (kazu)

かっぱ様ありがとうございます。
サルノコシカケ科を色々見ているのですが、未だによくわかりません。
ひきつづき、よろしくお願いします。


(182)04/22_21:35
なにこれ? (あ) 返信

ビャクシン属(針葉樹)の切り株のわきに群生してました。
最大の大きさで高さ4cm横4cmくらいです。
湿っていてやわらかく、一本抜いたときに隣のきのこが割れました。
傘の裏が管孔でした。裏やひだをつついてみましたが変色はしませんでした。
つばがないように見えました。
恐らくイグチ類なのではと考えています。

[PNG画像]: -(3257 KB)

(184)04/24_00:51
無題 (ひろし@小南部)

アミスギタケだと思います。
イグチ類とは縁が遠いタマチョレイタケ科の木材腐朽菌です。
ビャクシン属の脇から発生していたということですが、アミスギタケは広葉樹に発生するのが普通ですので埋もれ木からの発生の可能性が高いと思います。


(187)04/26_09:47
やはりアミスギタケだと思います (かっぱ)

よく見かける似た仲間にハチノスタケもあります。
この仲間は傘が革質で薄く、管孔は大きく細長い印象です。
イグチ類は管孔がスポンジ状で密ですので、よく見ると違いを見分けるのは難しくありません。


(181)04/18_09:16
これは、きのこでしょうか? (sunny) 返信

梅の木に付いていました。
これはきのこなのでしょうか?
もし、きのこだとしたら何というきのこでしょうか。
よろしくお願いいたします

[JPEG画像]: -(146 KB)

[(広)NEW!ガラ携.写メUP対応imgboard2010はココ]
   1-10/173件中
次10>
FREE imgboardR6_v!!
携帯3キャリア/iPhone/Android/パソALL対応