ページ指定:[ 1 / ]


画像タイトル:img20201114183106.jpg -(88 KB)

ヒラタケでしょうか 名前: ratto [2020/11/14,18:31:06] No.369
クリタケと思えるキノコの近くで、同じく倒木に群生していました。ムキタケノように皮はきれいにめくれず、いずれのものもツキヨタケのように半分に割ったときに、黒いシミはありませんでした。図鑑で見るとヒラタケのヒダは表面と同じ色合いにみえますが、このきのこのヒダはそれに比べるとずいぶん白く思えます。
>> ムキタケではないでしょうか 名前: かっぱ [2020/11/14,19:36:41] No.373
ヒラタケではないでしょうね。
かえってツキヨタケとの区別のほうに集中してみてください。
ムキタケの幼菌だと思います。ムキタケは幼菌のときは固くしまった肉質で、傘は緑がかった印象を受けることが多いです。
柄の付け根の写真がありますので、リング状のふくらみも紫がかったシミもないのがわかりますから、ツキヨタケではないと思います。
>> 無題 名前: かっぱ [2020/11/14,20:03:05] No.375
ムキタケは手のひらサイズぐらいには大きくなります。
大きくなったものは水につけているうち表面の皮がゼリー状にむけやすくなります。
幼菌のうちは皮がむけるという感じはありません。
ナメコ・クリタケ・ムキタケ・ヒラタケなどは晩秋から初冬の優れた食菌です。宝の山のようですね。こういうきのこが出る時期には、ツキヨタケはたいてい流れてきます。


[返信しないで戻る]