[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

次回から説明省略
表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / ]


画像タイトル:きのこの料理 -(672 KB)

きのこの料理 名前: Yzt [2013/02/26,09:05:06] No.22 返信 (t)
南海飯店という中華料理店のメニュー
まだ、食べてないけど、次回、予約!!
>> 知らなかったなあ 名前: kappa [2013/03/25,23:06:11] No.24
きのこそばはよくありますが、きのこラーメンやきのこ丼は初耳です。

絶対食べに行きます!


画像タイトル:これはなに??? -(127 KB)

これはなに??? 名前: yzt [2013/01/18,16:29:43] No.11 返信 (t)
これはなに???
>> さて何でしょう 名前: kappa [2013/01/18,19:57:12] No.15
ナラタケに少し似ていて、ナラタケの仲間は何種類かあります。
印象としてはナラタケより柔らかくて、ナラタケより壊れにくいような感じを受けます。
ということで、たぶん毒はないのではないか(似た毒きのこに思い当たらない)と感じます。でも、印象通り柔らかければ、食べても歯ごたえがなくて指しておいしいとは感じないでしょう。無理をして食べてみるほどでもないかな。
>> 変換ミス 名前: kappa [2013/01/18,19:58:43] No.16
「さして」の間違いですね。
>> アマタケかもしれない 名前: kappa [2013/01/19,10:28:23] No.21
印象的には5センチくらいの傘の中型のきのこかと感じますが、もう少し小型ならアマタケにも似ています。

このきのこ、どこかで(図鑑かも)見かけたように思うのですが、なかなか特定できません。そもそも日本のきのこは少なめに見積もって約6千種、名前の付いているきのこは約3千種、一番多くのきのこが載っている図鑑で千2百種程度ですので、図鑑に載っているきのこは五分の一程度ということになります。無理に似たきのこを探しても間違う恐れがあります。


画像タイトル:これはなに??? -(147 KB)

これはなに??? 名前: yzt [2013/01/18,16:27:38] No.10 返信 (t)
これはなに???
>> ナラタケのようです 名前: kappa [2013/01/18,19:29:26] No.12
これはナラタケでしょう。
少し古くなりかかっていますが、食べられないほどではないと思います。
味噌汁がいいですよ。


画像タイトル:これはなに??? -(119 KB)

これはなに??? 名前: yzt [2013/01/18,16:26:34] No.9 返信 (t)
これはなに???
>> なんだろう 名前: kappa [2013/01/18,19:46:24] No.14
傘に条線があるテングタケの仲間で、つばがなければツルタケに近いような気がします。でも、色合いが白っぽすぎるのでよくわかりません。
つばがなくて条線のあるきのこは食べられるものもありますが、もともとテングタケの仲間は毒きのこが多いので、はっきり食べられるきのこと分からない場合は基本的に毒きのこを疑いましょう。
>> ドウシンタケにも似ているぞ 名前: kappa [2013/01/18,22:29:10] No.19
柄の上部が写っていないのでわかりませんが、つばがあればドウシンタケにも似ています。
まあ、似ていると言っても、詳しい人が見るとこれらのきのことの違いを指摘するかもしれません。確信は持てないですね。


画像タイトル:これはなに??? -(143 KB)

これはなに??? 名前: yzt [2013/01/18,16:25:30] No.8 返信 (t)
これはなに???
>> シロオニタケではないかな 名前: kappa [2013/01/18,19:33:21] No.13
シロオニタケやその近縁種は毒きのこです。
見て写真を撮るだけにしておきましょう。


画像タイトル:これはなに??? -(111 KB)

これはなに??? 名前: yzt [2013/01/18,16:24:38] No.7 返信 (t)
これはなに???
>> シロオニタケの開いたの 名前: kappa [2013/01/18,20:02:11] No.17
ひとつ前の写真は幼菌(まだつぼんだ若いきのこ)ですが、これはすっかり傘を開いた成菌(おとな)ですね。
食べてはいけません。


画像タイトル:これはなに??? -(161 KB)

これはなに??? 名前: yzt [2013/01/18,16:24:21] No.6 返信 (t)
これはなに???
>> イグチの仲間 名前: kappa [2013/01/18,20:19:20] No.18
イグチ科は確かなのですが、中型からひょっとして大型のヤマドリタケ属のように思います。柄に網目模様がありますね。
傘の裏側が紫色だと苦くてとてもじゃないが食べられないニガイグチモドキかもしれませんが、ヤマドリタケモドキだったらヨーロッパでは高級なおいしいきのこです。
きのこの写真で種類を見分けようとするときは、傘の裏の写真もあるといいですよ。


画像タイトル:img20130118101748.jpg -(346 KB)

船上山のトンビマイタケ 名前: kappa [2013/01/18,10:17:48] No.3 返信 (t)
一つの株が抱えるほどの大きな株がいくつもあった。
若いものは唐揚げなどでおいしく食べられると言うので食べてみた。大きくなりすぎていたので堅かった。
>> 無題 名前: kappa [2013/01/18,10:19:41] No.4
来年はもうちょっと早い時期に行くと食べごろのトンビマイタケがあるはず。


画像タイトル:あみがさたけ -(509 KB)

あみがさたけ 名前: kappa [2013/01/18,10:05:07] No.2 返信 (t)
あみがさたけ
>> どこにあるかわかりますか 名前: kappa [2013/01/18,10:26:42] No.5
写真の真ん中あたりにあります。なかなか気がつきませんよね〜


画像タイトル:あみがさたけ -(1001 KB)

あみがさたけ 名前: kappa [2013/01/18,09:58:51] No.1 返信 (t)
あみがさたけ
>> 見つけにくいきのこ 名前: kappa [2013/01/19,09:54:53] No.20
アミガサタケ科には何種類ものきのこがあり、生で食べると中毒するものが多いです。ただし、茹でこぼしたのち、バターや生クリームを使った洋風の料理にすると、びっくりするほどうまみの強いきのこです。
頭が丸く色の薄いアミガサタケより、頭がとがって色の濃いトガリアミガサタケのほうがよく見かけるようです。

それにしても、これらのアミガサタケはどこに出るのかわからないので、探そうにも的が絞りにくいです。よく出るのは桜やイチョウ、ササやぶ、セメントの側溝の近くなどと言われてはいます。


削除方法
◆管理人: 削除対象の左欄をチェック(複数指定可)、専用パスワードを下欄に入力し、「削除」を押す
◆投稿者: 投稿に用いたパソコンでアクセスし、自分の記事の左欄をチェック、そのまま「削除」を押す(パスワード不要!!)


これより先のページはありません


   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / ]

FREE imgboard R6.1v3 !!