[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

次回から説明省略
表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / ]


画像タイトル:img20191126202910.jpg -(457 KB)

無題 名前: ひろなか [2019/11/26,20:29:10] No.164 返信 (t)
少し上の角度から撮影したものです。


画像タイトル:img20191126202655.jpg -(396 KB)

このキノコの名前を教えてください 名前: ひろなか [2019/11/26,20:26:55] No.163 返信 (t)
再び、質問させてください。
これも、10月半ばに、福井県の山中でみかけたキノコです。
印象的だったので、思わず、カメラを向けてしまいました。
この名前がおわかりでしたら、是非とも教えて頂けませんか?
よろしくお願いいたします。
>> さて 名前: かっぱ [2019/11/27,20:07:30] No.166
よく見かけるようなきのこですが、柄の方から傘の裏側を撮った写真はありませんか?
大きさや樹種、標高など、周りの環境もわかるほうがいいです。
笹の葉が映っているようですね。竹藪ですか?
>> 無題 名前: ひろなか [2019/11/27,23:22:09] No.168
 かっぱさん、コメントありがとうございます!
あまりに不確かな情報をもとに、ご判断頂いていることを承知で質問して申し訳ありません。
 笹の葉はネマガリタケだと思います。標高は1000mくらいでしょうか。ブナを始め広葉樹が中心の森に沿った登山道で見かけました。
 傘の裏側の写真を撮らなかったのは、僕の失態です。いろいろ教えて頂き、感謝しています。


画像タイトル:img20191111223017.jpg -(541 KB)

このキノコの名前を教えてくださいB 名前: ひろなか [2019/11/11,22:30:17] No.158 返信 (t)
こちら全体像です。


画像タイトル:img20191111222916.jpg -(138 KB)

このキノコの名前を教えてくださいA 名前: ひろなか [2019/11/11,22:29:16] No.157 返信 (t)
横から撮影したものです。
複数の画像の貼り方がわからなかったので、別投稿になってしまいました。申し訳ありません。必要があれば、全体像を貼らせていただきますね。
>> ナラタケ(広義) 名前: かっぱ [2019/11/24,18:47:25] No.159
日本中で食べられ、地方名もモトアシ、モタシ、ボリボリなどたくさんの名前がある、標準和名「ナラタケ」(広義)だと思います。それで検索してみてください。
ナラタケは何種類もありますが、ツバのないナラタケモドキもありますよ。大きければきのこ鍋もいいですが、小型のようなので、汁物がぬめりが生きていいと思います。
>> ありがとうございます 名前: ひろなか [2019/11/25,16:21:16] No.162
かっぱさん、この度はご教示いただきまして大変ありがとうございました。ようやく謎が解けました。名前がわかると、不思議に親近感が増しますね。地方名もいろいろで、勉強になりました。ツバのない種類もあったり、料理法まで・・・ますます関心が深まりました。あらためまして、感謝を申し上げます。


画像タイトル:img20191111222316.jpg -(361 KB)

このキノコは名前を教えてください 名前: ひろなか [2019/11/11,22:23:16] No.156 返信 (t)
10月の下旬に福井県の山中でみかけたものです。かさの大きさは1〜2cmでした。どなたか名前のわかる方、教えていただけますか?よろしくお願いいたします。


画像タイトル:img20190728171714.jpg -(440 KB)

このキノコの名前は? 名前: ゆず [2019/07/28,17:17:14] No.155 返信 (t)
自宅脇の植込みの木に生えてました。(何の木かも知識不足で分かりません…)
単純に何てキノコなのか気になり色々検索等試しましたが、
合致しそうなものが見つけれらませんでした。

昨年9月に続けて今年も同じ場所に発生しました。
一番下の画像が今年6月の写真ですが、一部がやたら巨大化しています。。

特徴を以下にまとめます。
・広葉樹の木の幹に発生しています。
・傘はほぼ平らで綺麗な円形です。中央部がやや茶色い白色です。
・傘の直径は勘ですがだいたい5cm〜8cm程度です
 (巨大化してるものは10cm以上はあり、円形とは言い難い形です。)
・横から撮った写真を拡大してみると柄に茶色いつばがあるように見えます。

以上の情報から推定できそうなキノコがありましたら
ご教示頂けますと幸いです。
>> よくわかりませんが 名前: かっぱ [2019/11/24,19:23:06] No.160
柄の方から採った写真があると、胞子の色やツバについての情報が特定に役に立つと思います。
地面から出ていたらシロナメツムタケかと思いますが、木からだとキナメツムタケ、あるいはブナシメジのような色合いですね。そこらを検索してみてください。
見た目は煮た毒きのこにも思い当たらず、美味しそうです。


画像タイトル:img20190627083408.jpg -(95 KB)

このキノコの名前は 名前: 紺ちゃん [2019/06/27,08:34:08] No.154 返信 (t)
福島市山中で6月23日に撮影しました。
この赤いサルノコシカケのようなキノコの名前を教えて下さい。
山桜の切り株の朽ちたところに生えていました。
>> マスタケかベッコウタケかなあ 名前: かっぱ [2019/11/24,19:39:20] No.161
サルノコシカケの仲間はまちがいないでしょうね。
色合いはマスタケを思わせますが、マスタケはふちの周りが波打つことが多く、断定しかねます。
ベッコウタケにも少し似ていますが、雰囲気が違いますね。
ごめんなさい!


画像タイトル:ヤコウタケ -(52 KB)

きのこワンダーランド 名前: アストライアの会 [2019/05/06,20:37:09] No.153 返信 (t)
キノコは植物それとも動物なの?
突然目の前に現れ、なぜか忽然と消えてしまう可愛らしいキノコ。生物学的にはカビや
酵母の仲間で、植物でも動物でもなく「菌類」として分類されています。本体である菌糸は地中などに深く張り巡らされ、子孫を残すため胞子の付いた「子実体」として、時々地上に出て来るのです。
日本で生育するキノコだけでも約3000種、その約1割が毒キノコとされています。実はまだ知られていない「まぼろしのキノコ」(?)はこの3倍有ると考えられています。また食べられるキノコと毒キノコの区別は難しく、素人では図鑑で見比べても、当たる事はまずないとか。
ところでキノコは森の中で は「森の掃除屋さん」として落ち葉や朽ちた枝を分解して栄養に戻し、菌糸のおかげで土は柔らかくなり、木々は根を深く伸ばす事が出来て、山崩れを防いでくれます。キノコの種類によってはダイオキシンや農薬を分解し、汚染された環境を元に戻す試みに利用されています。
キノコは健全な里山の目印です。それにしても不思議な生き物、キノコ。専門家の解説で、童話に有るようなこの可愛い小人の家をのぞいてみましょう。

「きのこワンダーランド」エコロジーシリーズ
主 催 日本セカンドライフ協会  協 力 アストライアの会   
ゲスト 大館一夫さん キノコ入門講座代表 埼玉きのこ研究会副会長 
    (著書)都会のキノコ図鑑 春夏秋冬街のキノコ散歩 
日 時 令和元年6月11日(火)午後2時から5時
会 場 豊島区イケビズ第2会議室(池袋駅西口より徒歩約9分)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
備 考 画像を駆使したビジュアルなお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。



画像タイトル:img20181127190504.jpg -(1166 KB)

無題 名前: まり [2018/11/27,19:05:04] No.146 返信 (t)
こちらはヒダの画像です。

場所は、
キャンプ場の入口の、道路際の植え込み(黒土と砂混じり)に群生していました。
株が3つくらいありました。
近くにはアカマツやブナなどがあります。
>> 無題 名前: かっぱ [2018/11/27,20:00:43] No.147
乾いたからかもしれませんが、ハタケシメジにしては傘の色が濃いと感じます。でも、発生した環境の説明があるのがありがたいです。確かにハタケシメジの可能性を感じます。傘の裏のひだも本来なら白いのですが、どうでしたか?乾いて色が濃くなったのかもしれませんね。干しシイタケを思い出せば、黄色くなっていますね。ハタケシメジは超一級の食菌ですから、来年以降も発生する可能性が高いですね。
>> 無題 名前: まり [2018/11/28,13:11:59] No.150
乾いていましたし傘はそんなに開いていないですがもう少し早い段階で見つけたかったですね…
傘の色は濃いですね。
黄土色っぽいです。
ヒダの色がバラバラで、白いのもあればうすーい茶色か黄ばんだ感じで、古くなり変色してしまった感じがします。
確かに、干しシイタケの変色のような感じですね。
すごく美味しいようですね!
この場所は今年初めて見つけましたし、このきのこ自体多分初めて見たと思います。
これからは要チェックします!
>> 無題 名前: かっぱ [2018/11/28,21:10:19] No.151
ハタケシメジはホンシメジに劣らないです。
発生は人手の入った砂利道の下の埋もれ木という人間好きのきのこです。
お澄ましなどにとてもおいしいですから、ぜひこれから毎年追いかけてください。
>> 無題 名前: まり [2018/11/29,23:48:38] No.152
見つけた時は、きっと食べられないきのこだろうと思いましたがハタケシメジの可能性が高いとは以外でした…!
基本シメジ科は山奥の知る人ぞ知る場所というイメージでハタケシメジは面白いきのこですね!
ぜひ食べてみたいものです。


画像タイトル:img20181127190219.jpg -(782 KB)

無題 名前: まり [2018/11/27,19:02:19] No.145 返信 (t)
画像がありませんでした、すいません!


削除方法
◆管理人: 削除対象の左欄をチェック(複数指定可)、専用パスワードを下欄に入力し、「削除」を押す
◆投稿者: 投稿に用いたパソコンでアクセスし、自分の記事の左欄をチェック、そのまま「削除」を押す(パスワード不要!!)




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / ]

FREE imgboard R6.1v3 !!