お薦め神社


神魂神社

神魂神社は、島根県松江市大庭町に鎮座。旧社格は県社で、意宇六社の一社。
偶然にも前をとおりかかって立ち寄ってみた。
お勧め度ベスト3に入る良き神社でした。

伊弉冉尊(いざなみのみこと)を主祭神とし、通称大庭(おおば)の大宮さん。本殿は国宝。その特徴は床が高いこと、前面と後方の中央にある柱(宇豆柱:うずばしら)がそれぞれ前と後へ張出していること。現存する大社造の社殿のうち最も古いといわれる。一見白木造りのようだが、往古は彩色されていたといわれ、屋根裏あたりにかすかに痕跡を留める。近くの熊野大社、八重垣神社、六所神社などとともに意宇六社の一つに数えられ、何故か『延喜式』に記載されておらず、『出雲国風土記』にもない。出雲国造家とゆかりが深く、古くは国造家の私斎場的性格だったためかとも見られる。本殿内陣には極彩色の壁画がある。なお本殿の屋根の前後を飾る千木(ちぎ)の先端が水平に切ってある(内そぎ)のは祭神が女神であることを示す。これに対し出雲大社や佐太神社など男神を主祭神とする神社では千木の先端が垂直に切ってある(外そぎ)。
手水舎
拝殿
本殿は最古の大社造で、国宝に指定されている。
現存する大社造りの社殿のうち最も古く国宝。巨大な自然石を積み上げた石段といい古代出雲の神々の里らしいたたずまいを見せる。