出雲国 式内社


内神社

祭神  和加布都努志命 下照姫命
奈良時代の『出雲風土記』に「宇智社」、平安時代の『延喜式』に「内神社」と記載される古社。出雲、日御碕、佐太と並び「松江藩御祈祷所四大社」として、歴代松江藩主の庇護を受けた

宍道湖が一望です
宍道湖の北にある一畑電鉄「たかのみや駅」から約3km北にある広域農道沿いにあります。社伝によると、霊亀元年(715)、高野山の頂きに、光輪が出現し、神垣を結んだのが創始との事。養老元年に現在地である、中腹に遷座したとされています。また、高野山は本宮山と改称し現在に至っています。
内神社という名前の由来は、当地が、内野、あるいは阿内谷という地名であったからとされています
吽象
神門と拝殿
手水舎
神門
拝殿
拝殿内
本殿
本殿
拝殿
境内社 稲荷社
霊神社
宍道湖
宍道湖