出雲国 式内社


三屋神社

祭神  大己貴命 (配祀)素盞嗚尊 脚摩乳命 稻田姫命 手摩乳命
出雲国風土記に「御門屋社(みとやのやしろ)」、延喜式には「三屋神社(みとやじんじゃ)」として記されている古社です。
峯寺山(風土記にいう伊我山)の山腹にある大社造の本殿は、延喜の建立と伝えられていますが、現在の社殿は貞享2年(1685年)の再建とされています

第一の鳥居
手水舎
阿象
随神門より社殿を観る
社殿
立派な注連縄です
本殿
本殿
遠くに松江道が見えます