出雲国 式内社


來次神社

祭神  大己貴命 武甕槌命 (配祀)誉田別命
現在地に鎮座していたが、源頼朝が出雲地方に八社を選んで八幡宮を勧請した(いわゆる八社八幡の一)ために、来次神社は衰微して、現在の社地の西方100m「跡の城」と呼ばれる地に移され、ささやかな祭祀が続けられていた。明治4年12月、八幡宮本殿の主祭神を来次神社として郷社に列し、八幡宮を合祀して現在に及んでいる。

第一の鳥居
吽象
手水舎
第二の鳥居と参道
随神門
拝殿までの通路の天井 見上げてしまいます。
本殿
立派な本殿です
境内社