出雲路幸神社

祭神 猿田彦命 天鈿女命
式内社・佐爲神社の論社の一つで、出雲国風土記にある「狭井社」であると言われている。

能義神社の北西で飯梨川をはさんで鎮座
弁慶の腰掛岩  弁慶の母弁吉は、紀州田那部(和歌山県田辺市)の郷士である誕象という男が熊野権現に祈って授けてもらった娘だったが、二十歳になっても結婚相手に恵まれなかった。そのことを悲しんだ両親は、出雲の国の結びの神(安来市西松井町)の出雲路幸神社に祈って良縁を得させようと考え、弁吉を出雲国へ旅出させた(熊野権現のお告げとする説あり)。出雲路幸神社に到着した弁吉は七日七夜参詣を続け、夢で枕木山の長海村で七年間住むことで願いはかなうとのお告げを得る。弁吉はお告げに従い長海村に住み着き、三年経た頃山伏が来訪、山伏は出雲の神の縁結びにより弁吉の夫となる事に決まったと告げ立ち去った。この後弁吉は身篭り、つわりのため鍬を食べる。村人の鍬を盗んで食べ続け、十本目の時村の子供に見つかってしまい、半分程食べ残してしまった。或いは、10本目の半分を食べた所で、弁慶が出てきたと解釈することもできる。その後、1151年 (仁平元年)3月3日に、弁慶が誕生した。弁慶の父については、『懐橘談』上(続々群書類従第9所収)の「枕木」の項目では熊野大社の別当弁斎となっているが、「天狗」や「山伏」の説が大半である。
手水鉢
拝殿
阿象
本殿
境内社
境内社の佐為高守社
何かの養殖かと思われる