画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

   ページ指定:[ 1 / ]


画像タイトル:img20161105075045.jpg -(Diet 205 KB→103 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:50 No.1356
二度目の参拝となりました。と言っても一回目は20年以上前の話ですから初めてと同じことです。奥の院まで1365段の階段を上がっていきます。迫力のある総門です。

>> 画像タイトル:img20161105075204.jpg -(Diet 260 KB→154 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:52 No.1357
旭社 ここが本宮だと勘違いして帰る参拝者もあるとのこと。それぐらい立派な建築物です。「旭社」の扁額は、正二位綾小路有長の筆です。


>> 画像タイトル:img20161105075321.jpg -(Diet 314 KB→220 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:53 No.1358
賢木門  その昔は「逆木門」と言われていました。 天正年間(1573〜1592)、長曽我部元親は兵を起こして諸州を侵略し、多くの神社仏閣を焼き払っていました。元親は罪を謹み、門を献納することにしたのですが、建築を急ぐあまり、一本の柱を逆さまにつけてしまいました。それから、この門は「逆木門」と呼ばれるようになりました。 明治12年(1879)の改築の際に、「逆」の字を嫌い「賢木門」と書くようになりました。その時の柱は宝物館に保存されています。


>> 画像タイトル:img20161105075506.jpg -(Diet 235 KB→122 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:55 No.1359
本宮 今を距ること約1000年前の長保3年(1001)、藤原實秋が一條天皇の勅を奉じて改築したのに始まり、その後の元亀4年(1573)の改築、天正年間(1573〜1592)の長曽我部元親による再営を経て、万治2年(1659)の高松城主松平讃岐守ョ重之による改築に至り、明治11年(1878)の改築で現在の社殿ができました。


>> 画像タイトル:img20161105075654.jpg -(Diet 225 KB→112 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:56 No.1360
南渡殿 長さは約40メートルで、屋根は檜皮葺です。明治11年(1878)に建築


>> 画像タイトル:img20161105075819.jpg -(155 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:58 No.1361
本宮の展望 ここからは瀬戸大橋や讃岐富士などを望むことができます。絶景です!


>> 画像タイトル:img20161105075945.jpg -(Diet 302 KB→209 KB)

金毘羅宮 yossi 2016/11/05,07:59 No.1362
「奥社(おくしゃ / おくのやしろ)」は通称であり、正式な名称は「厳魂神社(いづたまじんじゃ)」です。金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命が祭られています。奥社の海抜は421メートルです。表参道からの石段は全1368段です



[返信しないで戻る]