トータル051361 -今日0021 /昨日0025

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / ]


画像タイトル:img20160612220753.jpg -(Diet 218 KB→107 KB)

城南宮 yossi 2016/06/12,22:07 No.1314 返信 (t)
京都府 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7に鎮座している神社です。式内社で、旧社格は府社。「方除の大社」として知られている。

>> 画像タイトル:img20160612221036.jpg -(Diet 296 KB→177 KB)

城南宮 yossi 2016/06/12,22:10 No.1315
創立年代は不詳であるが、この地にあった式内社「真幡寸神社」に、神功皇后の三韓征伐の際に船上に立てた旗に神功皇后・八千戈神(大国主神)の神霊を添えて奉斎したのに始まると伝えられている。平安遷都の際に国常立尊が併祀され、城(平安京)の南にあることから「城南神」と呼ばれた。白河天皇が鳥羽離宮(城南離宮)を造営してからはその一部となり、代々の天皇や上皇の行幸がしばしばあった。また後代になると京都御所の裏鬼門を守る神となったことから貴族の方違の宿所となり、方除けや厄除けの神としても信仰されるようになった。


>> 画像タイトル:img20160612221628.jpg -(160 KB)

城南宮 yossi 2016/06/12,22:16 No.1316
応仁の乱などの戦乱で荒廃したが、江戸時代になって復興された。幕末の文久3年(1863年)には孝明天皇の攘夷祈願の行幸があった。しかし新政府軍の掲げる錦の御旗の前に旧幕府軍が総崩れとなった慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いの主戦場となったものこの地です。


>> 画像タイトル:img20160612222028.jpg -(151 KB)

城南宮 yossi 2016/06/12,22:20 No.1317
本殿 ここ城南宮は、毎年春と秋に平安の庭で催される「曲水の宴」でも知られています。「曲水の宴」は、庭を流れる川のほとりで和歌を詠むという、王朝時代を偲ばせる雅やかな行事です



画像タイトル:img20160606183709.jpg -(Diet 257 KB→149 KB)

須我神社 yossi 2016/06/06,18:37 No.1305 返信 (t)
須我神社は島根県 雲南市大東町須賀260に鎮座しています。旧社格は県社です。

>> 画像タイトル:img20160606184042.jpg -(Diet 259 KB→150 KB)

須我神社 yossi 2016/06/06,18:40 No.1306
昨年度に何回か島根県を訪れ八岐大蛇伝説地を回る旅をしましたが、須我神社だけいつもタイムオーバーとなり、しかたなく次回に残していた神社です。それだけに感無量の喜びです。


>> 画像タイトル:img20160606184411.jpg -(Diet 311 KB→101 KB)

須我神社 yossi 2016/06/06,18:44 No.1307
古事記によると、肥河上(現斐伊川)でヤマタノオロチを退治したスサノヲノミコトは、自分の住居となる宮を求めてこの出雲国須賀にやってきました。その際「吾此地に来まして、我が心須賀須賀し」 と言い、この地は須我といわれるようになりました。
そして宮殿が出来上がった時に、美しい雲が立ち上がるのを見て「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣つくる その八重垣を」 と御歌を詠みました。


>> 画像タイトル:img20160606184604.jpg -(Diet 258 KB→153 KB)

須我神社 yossi 2016/06/06,18:46 No.1308
三十一文字和歌発祥の地、さらにはこの御歌の出雲が出雲の国名の起源でもあります。古事記、日本書紀に書かれる日本初之宮がここ、須我神社です。


>> 画像タイトル:img20160606184654.jpg -(Diet 281 KB→168 KB)

須我神社 yossi 2016/06/06,18:46 No.1309
本殿


>> 画像タイトル:img20160606184918.jpg -(Diet 290 KB→172 KB)

須我神社 奥宮 yossi 2016/06/06,18:49 No.1310
神社の後方、須我山(御室山、八雲山)の山懐に大きな夫婦岩があります。


>> 画像タイトル:img20160606185222.jpg -(Diet 290 KB→170 KB)

須我神社 奥宮 yossi 2016/06/06,18:52 No.1311
そこは須我神社奥宮(磐座=いわくら)として祭祀信仰されています。
ここで心身を清めていきましょう!


>> 画像タイトル:img20160606195452.jpg -(Diet 497 KB→195 KB)

須我神社 奥宮 yossi 2016/06/06,19:54 No.1312
最後の階段です。気合いを入れて上がります。


>> 画像タイトル:img20160606195612.jpg -(Diet 287 KB→170 KB)

須我神社 奥宮 yossi 2016/06/06,19:56 No.1313
2つの岩が寄り添うように並んでいるその傍らにもう一つ小さな岩があり、大きなものからスサノヲノミコト、櫛名田比売命(クシナダヒメ)、二神の子である清之湯山主三名狭漏彦八島野命(スガノユヤマヌシミナサロヒコヤマノミコト)であると言われています



画像タイトル:img20160602222013.jpg -(Diet 217 KB→108 KB)

作楽神社 yossi 2016/06/02,22:20 No.1299 返信 (t)
岡山県 津山市神戸に鎮座。鎌倉時代から室町時代にかけて美作国守護の館(「院庄館」)があった地に、後醍醐天皇とその忠臣児島高徳を祭神として、明治2年(1869年)、津山藩主松平慶倫により創建されました。

>> 画像タイトル:img20160602222208.jpg -(Diet 206 KB→102 KB)

作楽神社 yossi 2016/06/02,22:22 No.1300
江戸時代になって津山藩家老、長尾勝明は児島高徳の忠義心を讃え、1688年(貞享5年)、その桜の樹があったと伝わる場所に、高徳顕彰碑を建てた。そして、津山藩主松平慶倫は、1868年(明治元年)に政府から神社創設の許可を得て、翌1869年(明治2年)11月27日に社殿が完成し、作楽神社の創建となった。1877年(明治10年)、県社となり、1903年(明治36年)、従三位の神階を贈られた。


>> 画像タイトル:img20160602222245.jpg -(176 KB)

作楽神社 yossi 2016/06/02,22:22 No.1301
拝殿


>> 画像タイトル:img20160602222333.jpg -(Diet 264 KB→160 KB)

作楽神社 yossi 2016/06/02,22:23 No.1302
本殿


>> 画像タイトル:img20160602222425.jpg -(Diet 273 KB→163 KB)

作楽神社 yossi 2016/06/02,22:24 No.1303
本殿



画像タイトル:img20160602184103.jpg -(Diet 291 KB→172 KB)

林野神社 yossi 2016/06/02,18:41 No.1295 返信 (t)
近くを通ることがあり岡山県 美作市朽木に鎮座している林野神社に立ち寄りました。何年か前に巨木探しで立ち寄ったことのある神社です。

>> 画像タイトル:img20160602184525.jpg -(Diet 256 KB→150 KB)

林野神社 yossi 2016/06/02,18:45 No.1296
拝殿です


>> 画像タイトル:img20160602184614.jpg -(Diet 280 KB→167 KB)

林野神社 yossi 2016/06/02,18:46 No.1297
本殿


>> 画像タイトル:img20160602184642.jpg -(Diet 269 KB→159 KB)

林野神社 yossi 2016/06/02,18:46 No.1298
本文なし



画像タイトル:img20160601010915.jpg -(Diet 306 KB→209 KB)

松木神社 yossi 2016/06/01,01:09 No.1292 返信 (t)
福井県 小浜市若狭町熊川宿に鎮座。江戸時代のはじめ、厳しい年貢の取り立てに苦しむ若狭の農民の代表となり、自ら領主に年貢の軽減を直訴、一命を捨てて悲願を達成させた松木庄左衛門を霊が祀られている神社です。

>> 画像タイトル:img20160601010958.jpg -(Diet 281 KB→162 KB)

松木神社 yossi 2016/06/01,01:09 No.1293
境内の広場は元小浜藩の米蔵のあったところです。蔵12棟を建て年貢米3万俵を収納していたということです


>> 画像タイトル:img20160601011352.jpg -(Diet 337 KB→237 KB)

松木神社 yossi 2016/06/01,01:13 No.1294
小さいけど立派な本殿です。



画像タイトル:img20160601010309.jpg -(Diet 245 KB→125 KB)

白井神社 yossi 2016/06/01,01:03 No.1289 返信 (t)
福井県 小浜市若狭町熊川宿に鎮座。熊川地区の氏神であり、往古、伊勢より勧請すといわれ、また若狭の乎入谷(おにゅう)〔遠敷谷〕より勧請す、とも記されています。

>> 画像タイトル:img20160601010410.jpg -(Diet 288 KB→167 KB)

白井神社 yossi 2016/06/01,01:04 No.1290
祭神は、彦火々出見尊、白鬚明神、小浜藩主酒井忠勝公、山の神が合祀されているということです


>> 画像タイトル:img20160601010613.jpg -(Diet 275 KB→161 KB)

白井神社 yossi 2016/06/01,01:06 No.1291
立派な拝殿に少々びっくりしました。



画像タイトル:img20160601003647.jpg -(Diet 338 KB→238 KB)

岩上神社 yossi 2016/06/01,00:36 No.1286 返信 (t)
福井県 小浜市 天徳寺境内に鎮座する神社です。また境内には瓜割の滝があり、この瓜割の水は、幾重もの地層が自然のフィルターとなり、長い歳月をかけてろ過した純度の高いミネラル成分が溶け込んだ水なのです。

>> 画像タイトル:img20160601003732.jpg -(Diet 351 KB→249 KB)

岩上神社 yossi 2016/06/01,00:37 No.1287
拝殿


>> 画像タイトル:img20160601003918.jpg -(Diet 332 KB→232 KB)

岩上神社 yossi 2016/06/01,00:39 No.1288
せっかくなので瓜割滝を紹介します。



画像タイトル:img20160601002250.jpg -(Diet 279 KB→163 KB)

神明神社 yossi 2016/06/01,00:22 No.1284 返信 (t)
若宮神社から少し里に下って行くと神明神社が見えてくる。

>> 画像タイトル:img20160601002325.jpg -(Diet 307 KB→215 KB)

神明神社 yossi 2016/06/01,00:23 No.1285
拝殿



画像タイトル:img20160601001624.jpg -(Diet 384 KB→279 KB)

若宮神社 yossi 2016/06/01,00:16 No.1282 返信 (t)
平泉寺白山神社から南谷の発掘地から中世の石畳を抜けると大きな杉が見えてくる。若宮神社の大スギである。幹周5.34m 樹齢450年以上の大スギである。天正二年(1574)に一向一揆との戦いに敗れ全山焼失しのしたが、このとき燃えなかったスギが7本残ったと伝えられています。若宮の大スギはそのうちの1本だと言われています。

>> 画像タイトル:img20160601001716.jpg -(Diet 352 KB→251 KB)

若宮神社 yossi 2016/06/01,00:17 No.1283
本文なし



画像タイトル:img20160527182540.jpg -(Diet 346 KB→243 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:25 No.1270 返信 (t)
養老元年(717年)、泰澄によって開かれたという。中世以降比叡山延暦寺の勢力下に入り、霊応山平泉寺として知られるようになる。白山信仰の越前側の禅定道の拠点(越前馬場)として、最盛期には48社36堂6千坊、僧兵8千人の巨大な宗教都市を形成した。今回の旅はここに訪れたいと願っていた場所です。

>> 画像タイトル:img20160527182706.jpg -(Diet 469 KB→184 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:27 No.1271
戦国時代には朝倉氏と肩を並べる越前国の一大勢力であったが、朝倉氏滅亡後の天正2年(1574年)、一向一揆が勃発、逃れてきた朝倉景鏡をかくまった為一向一揆に焼き討ちされ衰亡。その後、豊臣秀吉などの崇敬を受けて顕海が復興し、江戸時代には福井藩・越前勝山藩から寄進を受ける。寛政8年(1688年)いさかいが絶えなかった越前馬場と加賀馬場の問題が江戸幕府により裁定された際に白山山頂が平泉寺領と定められ、白山頂上本社の祭祀権を獲得した。明治時代に神仏分離令により寺号を捨て現在に至る。


>> 画像タイトル:img20160527182857.jpg -(Diet 302 KB→206 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:28 No.1272
御手洗池  この池の中央にある岩は、影向岩と言います。泰澄大師がこの岩に向かってお参りしていると、一人の女神が現れ、「今、私は権現である」と言われました。これが神仏習合のはじまりです。また、「私の本当の姿は、白山の頂上にある。早く登ってきなさい」と言われ、泰澄大師はその女神の導きにより白山の頂上を極めることができたそうです。この池は昔、平清水と呼ばれており、平泉寺の名前の由来はここからきています


>> 画像タイトル:img20160527183037.jpg -(Diet 338 KB→238 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:30 No.1273
第二の鳥居  この鳥居は権現造といい、鳥居の中央に屋根がついている神仏習合の時代の独特なものです。おそらく日本にはここにしかないと思われます。当時の鳥居は一向一揆で消滅しましたが、1778年(安永6年)に再建されたものです。白山三所大権現の大額は、中御門天皇の皇子天台座主公遵法親王がおかきになられたものです。三所とは白山の御前峰、大汝、別山を言います


>> 画像タイトル:img20160527183349.jpg -(Diet 323 KB→224 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:33 No.1274
見事な苔です


>> 画像タイトル:img20160527183652.jpg -(Diet 298 KB→180 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:36 No.1275
拝殿  現在の拝殿は、江戸時代につくられた寄棟檜皮葺で、平安時代の風情をよく残しています。1574年(天正2年)の一向一揆で全焼する前の拝殿は、46間(およそ83メートル)あったと言われており、京都の三十三間堂より大きな建物だったそうです。左右に点在する礎石が当時の大きさを物語っています。拝殿の中には十数面の絵馬があり福井藩主松平家の奉納品が多く、ほとんどが勝山市の文化財に指定されています。その中でも、1598年の絵馬がもっとも古いものとされています


>> 画像タイトル:img20160527183808.jpg -(Diet 345 KB→243 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:38 No.1276
本社  この本社は1795年(寛政7年)に第12代福井藩主松平重富により再建されたものです。総欅造で外観は白木造ですが、内部は美しく彩られています。この本社の扉は33年に一度しかあけられません。次に扉が開けられるのは、2025年(平成37年)です


>> 画像タイトル:img20160527184036.jpg -(Diet 336 KB→239 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:40 No.1277
中が素晴らしいとのことですが見ることができません。しかし外見の彫刻も素晴らしいものです。


>> 画像タイトル:img20160527184233.jpg -(Diet 481 KB→190 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:42 No.1278
三宮がこの奥にあります。この参道も味があります。


>> 画像タイトル:img20160527184343.jpg -(Diet 323 KB→227 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,18:43 No.1279
三宮は1597年(慶長2年)に建立されました。現在の建物は明治22年に改築されたものです。祀られているのは、栲幡千々姫尊で安産の神様としての信仰があつくお産が軽くなるというのでお参りの帰りに社務所によって腹帯を買って帰る方もいます。また、ここからは泰澄大師が開いたといわれる白山への登山道となっていて、この道を白山禅定道といいます


>> 画像タイトル:img20160527190214.jpg -(Diet 355 KB→251 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,19:02 No.1280
天正2年(1574)、一向一揆との戦いで全山が焼失し、往時の姿を伝えるものはほとんど失われてしまっていましたが、平成元年から始まった本格的な発掘調査によって、かつての境内の遺構が見事に残っていることが判明しました。栄華をほこった中世平泉寺の全容が、いま、少しずつ明らかになりつつあります。


>> 画像タイトル:img20160527190602.jpg -(Diet 294 KB→174 KB)

平泉寺白山神社 yossi 2016/05/27,19:06 No.1281
この中世の石畳の道は「日本の道百選」「歴史の道百選」「かおり風景百選」「美しい日本の歴史的風土百選」に選ばれています。



( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!