トータル065355 -今日0041 /昨日0068

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / ]


画像タイトル:img20151014210320.jpg -(Diet 311 KB→218 KB)

談山神社 yossi 2015/10/14,21:03 No.932 返信 (t)
談山神社(たんざんじんじゃ)は、奈良県の桜井市 多武峰(とうのみね)にある神社。祭神は中臣鎌足(談山大明神・談山権現)。桜と紅葉の名所である。神仏分離以前は寺院であり、多武峯妙楽寺(とうのみねみょうらくじ)といった。

>> 画像タイトル:img20151014210517.jpg -(Diet 287 KB→170 KB)

談山神社 yossi 2015/10/14,21:05 No.933
神廟(国重文)。十三重の塔婆で、唐の清涼山宝池院の塔婆を模して建てられたと伝えられ、談山神社のシンボル的建物。現在の建物は1532年(享禄5年)の再建で、1641年(寛永18年)に大修理が行われている。高さ約17m、木造十三重塔としては、世界唯一の建物


>> 画像タイトル:img20151014210644.jpg -(Diet 301 KB→210 KB)

談山神社 yossi 2015/10/14,21:06 No.934
楼門、拝殿、東西透廊 いずれも国重文。旧多武峰寺護国院。1520年(永正17年)の造営、1668年(寛文8年)に再建された。


>> 画像タイトル:img20151014210748.jpg -(Diet 289 KB→174 KB)

談山神社 yossi 2015/10/14,21:07 No.935
談山神社本殿(国重文)。もと多武峰寺聖霊院。現在の建物は1619年(元和5年)の再建、1850年(嘉永3年)に大改修が行われた。中央に鎌足(大織冠神像)、左に定慧、左に不比等を祀る。



画像タイトル:img20150910221852.jpg -(Diet 300 KB→206 KB)

宗像神社 yossi 2015/09/10,22:18 No.929 返信 (t)
米子市に鎮座している宗像神社はこの地方でもっとも歴史の古い神社で、約千年前の延喜式神名帳に記されている伯耆六社のひとつとして記録されています。
戦国時代には武将の寄進が多く、吉川春元は武運長久を祈願し桃型兜を奉納、社宝として納められています。

>> 画像タイトル:img20150910222100.jpg -(Diet 296 KB→176 KB)

拝殿 yossi 2015/09/10,22:21 No.930
本文なし



画像タイトル:img20150828032501.jpg -(Diet 271 KB→159 KB)

廣瀬大社 yossi 2015/08/28,03:25 No.923 返信 (t)
奈良県の北葛城郡河合町に鎮座している。式内社(名神大社)で二十二社(中七社)の一社。旧社格は官幣大社です。

>> 画像タイトル:img20150828033410.jpg -(Diet 253 KB→143 KB)

廣瀬大社2 yossi 2015/08/28,03:34 No.925
拝殿の前は一面の砂になっています。これは、廣瀬大社の神事「砂かけ祭」によるものです。拝殿前の広場を田圃に見立てて、田植の所作を行なう神事とのこと。


>> 画像タイトル:img20150828033622.jpg -(Diet 308 KB→214 KB)

廣瀬大社3 yossi 2015/08/28,03:36 No.926
創建は、崇神天皇の御代で廣瀬の河合の里長に、大神の託宣があり、一夜で沼地が陸地に変化し橘が数多く生えた事が天皇に伝わり、大御膳神として社殿を建てて祀った。


>> 画像タイトル:img20150828033916.jpg -(Diet 341 KB→242 KB)

廣瀬大社4 yossi 2015/08/28,03:39 No.928
本殿



画像タイトル:img20150827221125.jpg -(Diet 262 KB→156 KB)

枚岡神社 yossi 2015/08/27,22:11 No.920 返信 (t)
東大阪市にある河内国一宮です。式内社(名神大社)で、旧社格は官幣大社です。

>> 画像タイトル:img20150827222125.jpg -(Diet 218 KB→113 KB)

枚岡神社2 yossi 2015/08/27,22:21 No.921
枚岡神社の創祀は、皇紀前まで遡り、初代天皇の神武天皇が大和の地で即位される3年前と伝えられています。
神武御東征の砌、神武天皇の勅命を奉じて、天種子命(あめのたねこのみこと)が平国(くにむけ)(国土平定)を祈願するため天児屋根命・比売御神の二神を、霊地神津嶽(かみつだけ)に一大磐境を設け祀られたのが枚岡神社の創祀とされています。


>> 画像タイトル:img20150827222436.jpg -(Diet 346 KB→248 KB)

枚岡神社3 yossi 2015/08/27,22:24 No.922
現在の御本殿は、文政9年(1826)に、近郡の氏子の奉納により造営されました。それより以前、『御神徳記』によりますと、天喜4年(1056)と宝治元年(1247)に焼亡し、其の都度造営され、文明9年(1477)にも近郡の氏子により造営されたと記されています。また、天正7年(1579)年9月、織田信長の兵火により類焼をうけ、本殿以下諸建物が焼失しましたが、慶長7年(1602)豊臣秀頼公が社殿の造営をし立派に復旧しました



画像タイトル:img20150827044715.jpg -(Diet 221 KB→117 KB)

坐摩神社 yossi 2015/08/27,04:47 No.918 返信 (t)
大阪市の中心街 中央区に鎮座している式内社・摂津国一宮でまた官弊中社でもある。読み方は「いかすりじんじゃ」だが、一般には「ざまじんじゃ」と読まれることが多く、地元では「ざまさん」の通称で呼ばれる。

>> 画像タイトル:img20150827220710.jpg -(177 KB)

坐摩神社2 yossi 2015/08/27,22:07 No.919
平安時代の「延喜式」には攝津國西成郡の唯一の大社と記され、産土神として今日に至っています。



画像タイトル:img20150825203049.jpg -(Diet 206 KB→105 KB)

住吉大社 yossi 2015/08/25,20:30 No.913 返信 (t)
大阪の初詣といえば「すみよっさん」と大阪の人は口をそろえて言います。大晦日の夜から、どこからとなもく人が集まりだし、0時ともなると、1年の幸を祈願する人で門前はごったがえします。三が日の参拝客数は、毎年200万人を超え、大阪の人に今でも愛され続けている神社です。

>> 画像タイトル:img20150826011027.jpg -(Diet 238 KB→128 KB)

住吉大社2 yossi 2015/08/26,01:10 No.914
住吉の象徴として大変有名で太鼓橋 (たいこばし) とも呼ばれ石の橋脚は慶長年間に淀君が奉納したものであるといわれております。昔は、この橋の近くまで波が打ち寄せられていたそうです。


>> 画像タイトル:img20150826212457.jpg -(Diet 239 KB→128 KB)

住吉大社3 yossi 2015/08/26,21:24 No.915
この橋を渡るのは、神さまに近づくのに罪や穢 (けが) れを祓 (はら) い清めるためです。反っているのは、地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋として、虹にたとえられていました。


>> 画像タイトル:img20150826212902.jpg -(173 KB)

住吉大社4 yossi 2015/08/26,21:29 No.916
現在ある本殿4棟は全て1810年(文化7年)に造られたものです。第一本宮から第四本宮にいたる4棟の御本殿は「住吉造」と称し、神社建築史上最古の様式の一つといわれています。いずれも国宝建造物に指定されています。


>> 画像タイトル:img20150826213536.jpg -(Diet 257 KB→154 KB)

無題 yossi 2015/08/26,21:35 No.917
樹齢1000年といわれている幹周9.8mの大クスノキです。見事です。



画像タイトル:img20150823232259.jpg -(Diet 327 KB→231 KB)

猿田彦神社 yossi 2015/08/23,23:22 No.910 返信 (t)
猿田彦神社は伊勢市の伊勢神宮内宮の近くにある神社です。猿田彦大神は「みちひらき」の神様と言われています。なぜかと言うと天孫降臨の際に、高千穂に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を御案内した神様だから。天宇受賣命(あめのうずめのみこと)と共に、伊勢の地から全国へと開拓を進めた神様だと言われているからです。

>> 画像タイトル:img20150823233000.jpg -(Diet 241 KB→127 KB)

猿田彦神社2 yossi 2015/08/23,23:30 No.911
拝殿 


>> 画像タイトル:img20150823233147.jpg -(197 KB)

猿田彦神社3 yossi 2015/08/23,23:31 No.912
本殿



画像タイトル:img20150823205841.jpg -(Diet 292 KB→172 KB)

倭姫宮 yossi 2015/08/23,20:58 No.908 返信 (t)
内宮と外宮を結ぶおよそ5kmの美しい並木道路、御幸道路の中ほどに、松の緑もあざやかな丘があり、倉田山と呼ばれています。ここには神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)・農業館・美術館・神宮文庫・皇学館大学等があり、これに接する常緑の森がの倭姫宮の宮域です。

>> 画像タイトル:img20150823210030.jpg -(Diet 295 KB→175 KB)

倭姫宮2 yossi 2015/08/23,21:00 No.909
倭姫命は、第11代垂仁天皇の皇女です。第10代崇神(すじん)天皇の皇女豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)の後を継いで「御杖代(みつえしろ)」として皇大御神(すめおおみかみ)に奉仕され、皇大御神を戴いて大和国をお発ちになり、伊賀・近江・美濃等の諸国を経て伊勢の国に入られて、ご神慮によって現在の地に万代不易の皇大神宮をご創建されました。



画像タイトル:img20150823124339.jpg -(Diet 326 KB→226 KB)

月讀宮 yossi 2015/08/23,12:43 No.904 返信 (t)
外宮と内宮を結ぶ県道(御幸道路)の中間、道路沿いのこんもりと茂った森の中に鎮座しています。月讀尊は天照大御神の弟神で、外宮の別宮月夜見宮のご祭神とご同神ですが、月夜見宮では「月夜見尊」の文字が用いられています。

>> 画像タイトル:img20150823125536.jpg -(Diet 292 KB→176 KB)

月讀宮2 yossi 2015/08/23,12:55 No.905
月讀尊の御事(おんこと)については、『日本書紀』(720)上巻に、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)2柱の御親(みおや)神が、天照大御神をお生みになられ、次に月讀尊をお生みになられ夜之食国(よるのおすくに)をお治めになるようにと、ご委任になられたと記されています。


>> 画像タイトル:img20150823130053.jpg -(Diet 234 KB→120 KB)

月讀宮3 yossi 2015/08/23,13:00 No.906
東から西へ順次 A月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)@月讀宮(つきよみのみや)B伊佐奈岐宮(いざなぎのみや) C伊佐奈弥宮(いざなみのみや) 


>> 画像タイトル:img20150823130216.jpg -(Diet 275 KB→162 KB)

月讀宮4 yossi 2015/08/23,13:02 No.907
本文なし



画像タイトル:img20150816221048.jpg -(139 KB)

皇大神宮(内宮) yossi 2015/08/16,22:10 No.892 返信 (t)
伊勢神宮 いつ来ても心洗われる聖地です。早朝(6時になっていない)から多くの参拝者が本殿を目指します。

>> 画像タイトル:img20150816221516.jpg -(178 KB)

宇治橋 yossi 2015/08/16,22:15 No.893
内宮への入口、五十鈴川にかかる宇治橋は、日常の世界から神聖な世界へのかけ橋といわれています。宇治橋は20年毎にかけ替えられます。全長101.8m、巾8.421mで、欄干の上に16基の擬宝珠(ぎぼし)を据えた純日本風反(そ)り橋で檜(ひのき)で作られていますが、橋脚の部分は欅(けやき)を使用します。


>> 画像タイトル:img20150816225026.jpg -(182 KB)

宇治橋2 yossi 2015/08/16,22:50 No.894
本文なし


>> 画像タイトル:img20150816225346.jpg -(Diet 244 KB→129 KB)

手水舎 yossi 2015/08/16,22:53 No.895
参拝の方の多さがうかがえます


>> 画像タイトル:img20150816225741.jpg -(Diet 304 KB→93 KB)

御手洗場 yossi 2015/08/16,22:57 No.896
元禄5年(1692年)徳川綱吉の生母、桂昌院が寄進したといわれる石畳を敷き詰めた五十鈴川岸の御手洗場です。
神路山を水源とする神路川と、島路山を源とする島路川の二つの流れが、合流して五十鈴川となります。
神域の西側を流れる五十鈴川は別名「御裳濯(みもすそ)川」と呼ばれ、倭姫命(やまとひめのみこと)が御裳のすそを濯がれたことから名付けられたという伝説があります


>> 画像タイトル:img20150820210846.jpg -(Diet 272 KB→163 KB)

神楽殿 yossi 2015/08/20,21:08 No.897
銅板葺、入母屋造の建物が、内宮神楽殿です


>> 画像タイトル:img20150820211246.jpg -(Diet 264 KB→153 KB)

正宮 yossi 2015/08/20,21:12 No.898
ご正殿は唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)といわれ、日本古来の建築様式を伝え、ヒノキの素木(しらき)を用い、切妻(きりつま)、平入(ひらいり)の高床式の穀倉(こくそう)の形式から、宮殿形式に発展したものです。屋根は萱(かや)で葺き、柱は掘立、全て直線的で、屋根の両端には内削(水平切)の千木が高くそびえ、棟には10本の鰹木(かつおぎ)が列び、正殿を中心にして、瑞垣(みずがき)・蕃垣(ばんがき)・内玉垣(うちたまがき)・外玉垣(とのたまがき)・板垣(いたがき)の5重の御垣がめぐらされています。


>> 画像タイトル:img20150820211406.jpg -(Diet 228 KB→116 KB)

正宮 yossi 2015/08/20,21:14 No.899
ここから先は撮影禁止となっております


>> 画像タイトル:img20150823120542.jpg -(Diet 313 KB→219 KB)

荒祭宮 yossi 2015/08/23,12:05 No.900
正宮参拝を終え、帰り路の参道をもどっていると正宮の裏側(北側)に出ます。さらに進むと左手に下りの石階があり、そこを降りると前方やや小高い場所に荒祭宮を仰ぎ見ることができます。荒祭宮は、内宮に所属する10別宮のうち、第一に位しています。殿舎の規模も他の別宮よりも大きく、行二丈一尺二寸、妻一丈四尺、高さ一丈四尺八寸あり、第一別宮として正宮につぐものです


>> 画像タイトル:img20150823120823.jpg -(Diet 286 KB→168 KB)

荒祭宮 yossi 2015/08/23,12:08 No.901
延暦23年(804)撰進の『皇太神宮儀式帳』に「荒祭宮一院大神宮の北にあり、相去ること二十四丈 神宮の荒御魂宮と称う」とあり、延長5年(927)成立の『延喜式』に「荒祭宮一座大神の荒魂」とも残されています。


>> 画像タイトル:img20150823122150.jpg -(Diet 257 KB→148 KB)

風日祈宮 yossi 2015/08/23,12:21 No.902
内宮神楽殿授与所の向い側、奥の方に鳥居と宇治橋に似た橋が見えます。この橋は風日祈宮橋(かざひのみのみやはし)とも五十鈴川御橋ともいわれており、その橋を渡ると、右手に、皇大神宮別宮、風日祈宮が鎮まっています。


>> 画像タイトル:img20150823122537.jpg -(Diet 313 KB→216 KB)

風日祈宮 yossi 2015/08/23,12:25 No.903
ご祭神は、伊弉諾尊の御子神で、特に風雨を掌られる神、級長津彦命、級長戸辺命が祀られています。雨風は農作物に大きな影響を与えますので、伊勢神宮では古より正宮に準じて丁重にお祭りされています。



( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!