2014  京都ツーリング


日 時  平成26年6月3日〜4日

コース 鳥取 国道9〜八木東 国道477〜ウッディー京北 国162〜美山 県388 国477花背〜県361 芹生峠〜貴船 県道38〜百別れ 国477〜国367 大原
     

     京都〜国137 嵯峨野清滝〜県道50 トロッコ保津峡〜水尾 櫁原 世木ダム 胡麻〜国27 下山バイパス〜京都縦貫道〜県63 大江〜豊岡 国482

 

 

平日の国道9号はトラックが多く走りにくいです やくのでコーヒータイム
この先から少しだけ京都縦貫道を走ります ちょっと行きすぎたので477に引き返します
おーここだここだ 6月26日からなのでセーフ
この道が477号です 杉が美しく気持ちよいです
ウッディー京北までやってきました 国162号 美山ふれあい広場 バイクの多さで有名です
美山 かやぶきの里 二度目の訪問となりました
お食事処 きたむら 手打ちそばが美味ということでさっそく頂きました
佐々里集落 佐々里神社
神社ファンはさっそく参拝です 佐々里峠 なかなか走りがいがある坂道が続きました
明治36年の石碑が残っています ここで旅の安全を願ったのでしょう 空気が爽やかで快適です
神社と巨木を見つけたのでストップしました りっぱなイチョウでした
旧道別れ というバス停です ここから旧道に入ってみます
後ろの杉も立派です ここにきてオフとはちょっと嬉しい
こっちは峠下 でもこっちには行きません 芹生峠に向かいます
どっちが比叡山なの? 貴船神社にやってきました
相生の杉 鞍馬寺の入り口です
477号名物 百井別れ にやってきました 丁度トラックが右手よりやって来て何回も切り返ししてました


第2日目

ホテルの隣が岡崎神社でした
カッコいい狛犬です
ウサギで有名な神社です 招き兎がかわいいです
朝日に映える平安神宮の鳥居 24.2mの高さを誇る 應天門  門の上方には「應天門」と書かれた額が掛けられています。
かつて平安京の應天門に掲げられていた額は弘法大師の手によるものといわれていますが、弘法大師は額が掲げられてから「應」の字の点を一つ書き忘れたことに気づき、筆を投げて点を書き加えたと伝えられています。
諺の「弘法も筆のあやまり」は、この言い伝えに基づくとされています
菊の家紋です
白虎の手水舎 蒼龍の手水舎
右近の橘 左近の桜
拝殿
金戎光明寺
黒谷墓地 幕末には松平容保の会津藩の京都守護職会津藩一千名の本陣にもなり、墓地には会津藩殉職者が埋葬されている 春日の局が建てたお江の供養塔
第2日目 信号による片側通行の清滝隧道 清滝川 美しい渓谷です
愛石神社入口
トロッコ保津峡駅 橋が工事中で行けれません 美しく迫力があります
保津峡駅 電車が入ってきました
県道50号 世木ダム 世木ダム
但熊 但熊の卵かけごはん定食 350円