与作の旅

2011年8月、日本3大酷道の一つと言われるR439号線(与作)の旅を思い出してみよう。
地図で見たら大したことないわい!と思ってたらとんでもない道やった。


夜中に鳥取を出発して明石の友達のとこで休憩した後、明石海峡大橋を渡り徳島


阿波踊り会館


神山町の道の駅


国道のおにぎりマークは438となっているが、439と共用らしい。
だんだんと怪しい道になってきた。


R492との分岐


槍ノ尾サービスエリヤ
ここで神戸から車で来たバイク好きのおっちゃんに声をかけられ、数時間後に奇跡がおこった。
439をひた走り、大豊から高知道を経て松山道のいよ西条あたりのSAでトイレに入り用を足してるとき、「また会いましたね」
と、声をかけられ横を向くと、なんとそのおっちゃんがおるじゃん。
ここまで通った道は全然違うんやけど、お互いびっくりビックリ。
こんなことあるんやなあ〜






道路脇にあった滝


標高何メートルやったかな?


やっと439のおにぎりマーク出現


見ノ越トンネル


剣山リフト乗り場
ここはつるぎ町から観光客の車がたくさん来るみたい。


左へ


自転車でようやるわ・・・


奥祖谷 かずらばし
車も人も多かった。
橋まで行く元気はなかった・・


これでも国道。




15時ころやったかな? 京柱峠






ここは天国か?




京柱峠のうどん屋さん
食べたらよかった・・


京柱峠から高知道大豊IICまでがこれまた酷道まるだし。狭い急坂を転げるように下った。

夕暮れ時にしまなみ海道を渡り、広島の実家へ。
実家に着いたのが20時ころやったと思うが、16時間くらい運転したんやったかなあ?
我ながらアホちゃうかと思うけど、よう走った。