林道池ノ尾線

新温泉町千谷〜諸寄までの約18qが昨年11月に23年かけてようやく全線開通した。
舗装林道やけど、景色もよくとても楽しく走れた。

林道入り口から数百メートルで蒲生トンネルの上を走ることになる。
そこには怪しげな建物(写真なし)があるが、それはトンネルの排煙施設やそうな。



↑ 林道入り口 ↓

写真には入れてないんやけど、この右側に朽ちかけた廃バスがある。
中に布団やペットボトルが見え、誰かいるような感じがしてちょっと気味悪かったなぁぁ・・・。


新緑が綺麗やった。


しばらく行くと分岐があり、右はダートの坂本林道で、R9号線竹田付近に出れる。
また坂本林道途中の分岐から竹田甚白細見谷線で県道263温泉町後山へ行くこともできる。
2本とも何回も走ったことがあるが、今回はここから先がやっと開通した池ノ尾線初走行が目的なので直進!


さすがに新しい舗装は気持ちいい。
でもやっぱり林道なので落石や倒木はたくさんあった。


開通記念碑


海が見える。



今日はどんより曇ってたけど晴れたら最高やろなあ。
記念碑のところにあった解説によると、条件が良ければ大山や隠岐の島も見えるそうだ!


↑ 池ノ尾林道終点 ↓



諸寄の県道262はほとんどの区間初めてなので、南方向へ行ってみた。
軽自動車1車線分の幅しかない。


ここがナビでは終点だが、この先はダートになっている。
池ノ尾線にも支線がいくつかあったので、今度はセローで探検みよう。