小火打林道 ← → 板井原 トレッキング


智頭の毛谷から「小火打林道」経由で、峠地蔵のある西野峠まではそれまでにも何度か走ったことがあるが、板井原までは抜けたことがなかった。

地図では登山道で繋がっているので、一度は抜けて見たいとずっと思ってた道だ。

昨年9月にトライアル仲間と共にモンテッサ4rtで藤見平というところまで到達したが、その時は時間の都合で途中断念したのだ。

今回仕事が2日連続で午後から休みだったので、思い立って一人で行って来たが天気が悪かったので全線走破するのに結局二日かかってしまった。


第1日目

智頭の毛谷でバイクを下ろし出発

小 雨がパラパラ降っていた。



小火打林道海上山との分岐→右の峠地蔵方面へ


走りやすい(面白くない)フラットダート






峠地蔵のある西野峠に到着


ここからはどこが道なのかわかりにくいが稜線に沿って走る





広いところに出たが、ガスが発生してきた。

ただならぬ怪しい雰囲気に心細くなり、恐怖さえ感じてしまった。

なので藤見平に到達することなくあっさり引き返すことにしたが、ガスと落ち葉の絨毯のおかげで自分が走ったところがわからんでないの(汗)



かなり心細かったがなんとか峠に引き返すことができ、林道を下って行くと芦津に下る道を発見!

鉄塔のところまで行ってみたがその先は激下りで戻れなくなったらヤバいのであきらめた。


第2日目

毛谷から登るルートは何度も途中断念しているので、発想転換。

板井原側から行くことにした。


板井原駐車場でバイクを下ろし出発


Bコース登山道の標識に従って進む。


ヌタヌタ林道


分岐があったが荒れた左に進むのが正解。


深い溝や倒木の下をくぐる。

この後は急斜面の細い荒れたつづら折れ道をクイックターンしながら登って行くのだが、この区間はトライアル車でも初心者は多分無理でしょう。

残念ながら写真も撮ってませーん(余裕がなかった)



つづら折れ道を登りきると稜線に出て視界が開ける


この下から登って来たのだ。

近くに道標があったけど、峠地蔵から来たとしたら下りる道がなかなかわからなかったと思う。

やっぱり板井原からが正解だ。





展望広場(展望はよくないが・・・)




稜線を藤見平方面に進む




藤見平に到着(昨年はここで引き返した)

鳥取市内展望と書いてあるが木が邪魔でよくないが・・・




このあたりは昨日見た風景で、自分のタイヤ跡も発見!

道はほんとにわかりにくいけど、稜線に沿って行けば間違いないようだ。



西野峠到着!!


こういうところは本能なのかついつい遊んでしまう。


下界に下りた後は恋山形駅に寄ってヒーコータイム

ほんまに変態どピンクだなあ・・・
















Home